ラクトフェリンは効果なし?

【ライオンのラクトフェリン】 実際に効果を体験!

 

 

歳のせいか半年ほど前から徐々にお腹周りに肉がつき始め
「もしかして、これは内臓脂肪?なんとかしなくては!」と
内臓脂肪やポッコリお腹に効果がある!と話題の
ラクトフェリンサプリメントを試してみることにしたのですが……。

 

どうせ飲むなら、売れ筋の物がいいのでは?と調べてみたところ、
ライオンの「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」を発見!

 

ラクトフェリンが、内臓脂肪を減らすのを助け、高めのBMIの改善に役立つことを科学的に確認したのがライオンです。

 

 

ですが口コミを覗いてみると「効果がない」「誇大広告に踊らされた!」のような悪い口コミをたま〜に見かけます…。
もちろん、サプリメントは薬ではないので即効性がある訳ではないですし、「体質に合う合わない」は当然ある訳ですが、

 

信頼&実績高きライオンが販売するサプリメントだというのに効果がない!とするなら、
もしかしたら、ラクトフェリン自体に内臓脂肪の低減・高めのBMIを改善する効果を期待することが無理な話ということなのか?
気になるので、
真相を探るため実際に試してみることにしました。

 

ライオンのラクトフェリンを飲んでみた

7日間分のトライアルパックもありましたが、健康食品なので最低でも1ヶ月は継続してみないと効果のあるなしは分からないだろうと思い、約1ヶ月分を単品購入しました。

 

これがライオンから販売されているナイスリムエッセンス ラクトフェリンです!

 

 

ちなみに、ライオン調べによると、効果を実感するまでの期間には

やはり個人差があり、早い方で2週間ほど、平均1〜3ヶ月ほどかかるそうで、
まずは3ヶ月を目標に試してみることを推奨しています。
3ヶ月継続する場合は、10%引きになる定期お届けコースに加入するのがお得ですが、
私のように「まずは1ヵ月だけ試してみたい…」と思われる方は、

 

初回限定のお得な半額&送料無料キャンペーンが実施されていて
通常6,060円するところ2,980円で購入できるので、そちらをおすすめします(^^)
※一世帯1個1回限り

 

1日の摂取目安は3粒。

 

この3粒に
リパーゼの働きを活性化させ、脂肪の分解を促進
脂肪細胞の合成を制御し、脂肪の蓄積を防ぐ
「ラクトフェリン」が300r含まれているそうです。
※機能性表示食品制度により、商品には下限値として270mgと記載されていますが、配合量は300mgです。

 

 

では早速試してみましょう!

 

ラクトフェリン300rってどのくらいかピンとこない方も多いと思いますが、
搾りたての牛乳(生乳)1リットルに相当する量だそうです。

 

毎日牛乳、しかも加熱処理されていない生乳を飲むのは大変ですが、
ライオンの「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」なら
3粒飲むだけで手軽に摂取することができるんですね。

 

では、早速飲んでみることにしましょう。

 

ラクトフェリンは、胃酸や消化酵素に弱いため、

そのまま飲むと腸に届く前に分解されてしまうそうですが、
内臓脂肪にアプローチするためには胃で溶けず、腸までしっかり届ける必要があるため、ライオンでは独自のコーティング技術を用いてコーティングしています。

 

コーティングのせいかサプリメント特有のニオイもありませんが、粒は結構大きめです。
いっぺんに3粒飲むのは難しそうなので、3回に分けて飲んでみることに。
でも……、申し込み前にネットで調べていたときに見た色はもう少し黄色っぽかったような?アレ?勘違い?!

 

メーカーに問い合わせてみたところ、6月30日(2015年)お届け分からリニューアルされた「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」になっていて、色は黄色っぽい色から、白っぽい色に変わったそうです。

 

なぜ色が変わったのか聞いてみたところ、成分の変更によるものではなく、
コーティング法を変えたからだそうです。

 


以前も腸まで届くようコーティングされていましたが、今回、ライオン独自のコーティング技術を採用しコーティングしたことで色が変わったとのことです。

 

そうなんだ〜それにしても、やっぱり粒がちょっと大きいかも…(´;ω;`)ウゥゥ
測ってみると、直径9mmほど、厚みはうっ〜0.45〜0.5mmくらいありますね。
リニューアル時に、粒も小さくしてくれたら良かったのにな〜。

 

ちなみに、ライオンの「ナイスリムエッセンス ラクトフェリン」は健康食品なのでいつ飲んでもいいことになっていますが、食後は胃酸が出やすいので私は就寝前に3粒飲みました!

 

ライオンのラクトフェリンを1ヶ月毎日飲んでみて!効果はあったのか?

 

ライオンのラクトフェリンって効果なしって本当なのか?1ヶ月飲み続け、
ボトルが空いたので、ウエストを測ってみたら、

 

飲み始める前と比べ、「えっ!減ってる!!」

 

あれ?ちゃんと効果でてるじゃん(^^)/続けた甲斐がありました!!

 

 

実はこの1ヶ月、サプリと併用して運動を取り入れていたんです!
最初の1週間はサプリを飲んでいただけなんですが、
せっかく飲むんだったら相乗効果をもっと感じたい!と思うようになって^^
朝晩どちらかで30〜40分程度のウォーキングを、週に3回ほどしていました。
その甲斐あってか、家族全員に「ウエスト細くなったね〜」と気づかれるまでのウエストダウンを成功させることができました〜!

 

 

内臓脂肪やBMIがどのくらいなのか?変化はあったのか?実際のところは分かりませんが、ウエスト周り&ポッコリお腹が少しすっきりしたので、きっと内臓脂肪も減ったのだと思います♪

 

私の場合、ポッコリお腹が少し凹んだかも?と思ったのは、飲み始めて2週間くらい経ってからで、飲み始めた当初はそれこそ効いているのかいないのか?全然分かりませんでした。やっぱり運動を取り入れてからは減りが早かったと思います。

 

 

なので、「ライオンのラクトフェリンって効果なし!」って口コミを投稿されている方は、もしかしたら「飲んでも効かない」「変化なし」と思い数日で飲むのをやめてしまった方達なのかもしれませんし、運動をまったくしていなかったのではないかな?と思います。
そういう方は、ラクトフェリンを飲むだけではなく、運動や食事の工夫もしてみてはいかがでしょうか?
ちなみに私は1ヵ月で効果を感じることができたので、継続を決め、定期コースに申し込み、昨日から2ボトル目を飲み始めました(^^)

 

私の場合、ポッコリお腹をなんとかしたいと思いラクトフェリンを検討&ライオンのラクトフェリンを飲み始めたのですが、このまま順調にお腹周りが凹み、スッキリしても二度と内臓脂肪を溜め込まないように飲み続けようかな?と思っています。

 

内臓脂肪を溜め込むと、健康に不安が出てきますからね〜。
健康のためにこれからも愛飲していきたいと思っています。

 

ラクトフェリンとは?成分と効果を徹底解説!

健康に役立つ成分として、近年ジワジワと注目が高まっているのが、ラクトフェリンです。
ラクトフェリンラクトフェリンとはいったいどんな成分で、どんな効果が期待できるのでしょうか?

 

ラクトフェリンとはどんな成分?

 

ラクトフェリンとはたんぱく質の一種で、
人間の母乳をはじめとする、哺乳類の乳に含まれています。
(1939年にデンマークの研究者によって牛乳から発見されました。)
鉄と結びつきやすいことから「ラクト=乳」「フェリン=鉄」という名前がつけられたと言われています。
研究がすすむにつれて、多くの優れた機能をもつ「多機能たんぱく質」であることが分かり、現在では国際会議が開催されるなど、世界中の研究者が注目している成分です。

 

ラクトフェリンは、哺乳類の中でも特に、人間の乳=母乳(特に初乳)に豊富に含まれており、母乳を飲んで育った人間はラクトフェリンに体が適応しているので、数あるたんぱく質の中でも、人間の体質との相性は最高にいいと言えます。

 

ラクトフェリンは食べ物から摂れる?


「ラクトフェリンはたんぱく質の一種なんだから、普通にたんぱく質食品を食べればラクトフェリンが摂れるのでは?」と思われるかもしれませんが、それは違います。

 

ラクトフェリンは哺乳類の乳以外にはほとんど含まれていないため、含有食品の種類が非常に限られており、肉や魚・大豆などのたんぱく質食品を食べてもラクトフェリンを摂ることはなかなか難しいのです。

 

また、哺乳類の乳にラクトフェリンが含まれるなら、牛乳やチーズ・ヨーグルトなどの乳製品にもラクトフェリンが含まれているはずでは?」と思われるかもしれませんが、牛乳やチーズは、製造の段階で加熱殺菌などをおこなうので、熱に弱い性質を持つラクトフェリンは、ほとんどなくなってしまうのです。

*ライオン公式サイトを参考に作成

加熱処理をほどこさないナチュラルチーズやヨーグルトならラクトフェリンが残っていますが、それでも1日あたりの好ましい摂取量とされる300mgを摂るには、牛乳の水分をなくして凝縮したナチュラルチーズでも約100g、そして牛乳の水分をほとんど残したヨーグルトにいたっては、1キロ以上必要と言われています。
ナチュラルチーズ100gのイメージを分かりやすく言うと「カマンベールチーズまるまる一個(一切れではありません)」です。これを毎日食べられるか、と聞かれたらかなり難しいですよね。

 

これに対して母乳の場合、出産後数日の初乳なら、たった50ccで300mgをクリアできます!(たとえ初乳以外の母乳でも、150ccほど飲めば300mgをクリア。)

 

ですから本当は、いつまでも母乳が飲めれば理想的なのですが(笑)、現実的にはそれは無理。だからこそ、ラクトフェリンを摂取するには手軽かつ効率的に、1日の推奨量をクリアできるサプリを利用することがおすすめなのです。
(※ライオンのラクトフェリンは牛由来です。)

 

機能性表示食品を取得したライオンのナイトスリムエッセンスラクトフェリン

こちらの記事でもご説明していますが、機能性表示食品というのは健康維持に役立つ生鮮食品やサプリメントなどの食品を販売する際、その製造会社はヒト実験もしくは文献を国に提出することで「機能性表示食品」とパッケージに書くことができるのです。

 

ラクトフェリンは、ヒト実験として内臓脂肪・BMIの測定を公開。
それがあるからこのように、機能性表示食品のマークを提示することができるんですね(^^)

 

ちなみに、その実験ではこのような結果がでたそうです!

*試験方法*
ラクトフェリンの内臓脂肪・BMIの低減効果を測定するために、肥満傾向の成人男女26名を対象に飲用試験を実施。
無作為に分けた2つのグループにラクトフェリンが入っている錠剤と、入っていない錠剤(プラセボ)を8週間摂取してもらう。

 

 



*ライオン公式サイトを参考に作成

 

その結果、ご覧のように内臓脂肪面積とBMIの低減が確認されたとのことです。
(出典:British Journal of Nutrition 2010,104,1688-1695)